一つの難点を除けばとても良い

 

http://amzn.to/2tne3Uc

 

 

コンセントに繋げて、
スマホからアプリで接続し、
無線APに接続を促して大まかな設定は終了。
あとはアプリからカメラで防犯チェックが可能となります。

また、アプリからはパスワード、動体検知、解像度の変更などが可能になっています。

一度設定を終えると、
出先などからも家のカメラを視聴可能になってとても便利です。

簡単便利でいいこと尽くめなのですが、
一つ問題があります。

この製品には外部ポートがありません・・・
つまり、なにかのACアダプタのように見せかけることもできませんし、
USB-ACとして使うこともできません。
他人に見られたときに「これ、何?」と問われると答えにくいかもしれませんね。

家の防犯用としては十分実用的ではあると思います。

 

P_20170618_223342_vHDR_AutoP_20170618_223349_vHDR_Auto

 

 

P_20170618_223404_1_vHDR_AutoP_20170618_223500_vHDR_AutoP_20170618_223505_vHDR_AutoP_20170618_223518_vHDR_Auto

 

Screenshot_20170618-224110Screenshot_20170618-224312

使いやすいケーブルセット

 

 

0.9m2本、1.8m1本というMicroUSBケーブルのセット。
長さの違うケーブルのセットなので使い方を選べていいですね。

ケーブルのプラグ部は弾力のある樹脂でできていて、
抜き差しもしやすく、しなやかになっています。
耐久性に寄与する重要な要素のようですね。

実際につかってみて、
PCとスマホの認識も問題なく。
複数のスマホを使ってみて、5V2Aで問題なく充電がおこなえました。

USBケーブルは消耗品に近いので、
数をもっていると安心できていいですね。

 

 

P_20170611_164921_vHDR_AutoP_20170611_164927_1_vHDR_AutoP_20170611_165110_vHDR_Auto

両方2.4v

 

 

 

車のシガーソケット用、USB充電器です。
しかも、両方のUSBポートが5V、2.4Aの出力ができます。
合計4.8Aととてもいい感じです。
タブレット2台の同時充電も可能ですし、
最近はスマホでも2A以上で充電できる機種も多いのでたすかりますね。

運転手がスマホを充電しながらナビ、
助手席の方も同時に充電できるという至れり尽くせり仕様。

便利な世の中になりましたね。

 

P_20170611_164736_vHDR_AutoP_20170611_164740_1_vHDR_Auto

 

P_20170611_164839_vHDR_AutoP_20170611_164849_1_vHDR_Auto

過渡期にベスト

 

P_20170611_164035_vHDR_AutoP_20170611_164041_1_vHDR_Auto

 

 

USB-A(メス)からType-C(オス)へ1個。
MicroUSB(メス)からType-C(オス)へ2個。
というセットです。

最近スマホがType-Cの機種が増えてきましたが、
ケーブルはMicroUSBが残っている向けの変換アダプタです。

また、USB-Aはスマホの画面が割れたときにUSBマウスやキーボードを緊急でつかったりと、USBメモリを繋げたりとなにかと便利です。

Zenfone3、Xperia X Compactで問題なく使えています。

 

 

P_20170611_164126_vHDR_AutoP_20170611_164204_vHDR_AutoP_20170611_164416_vHDR_Auto

大柄で使いやすいマウス

 

 

随所にゲーム向け、耐久性を考えているようです。

・太いプラグ部
PCへ抜き差しするときにケーブルを引っ張る方も多いですが、
このくらいプラグ部が大きければプラブをもって抜き差しが容易です。

・メッシュケーブル
単純に断線対策としても有効ですし、
持ち運び時のストレスにも配慮されています。

・金属パッド
よく樹脂などのパッドがありますが、
金属なのでより摩耗に強いですね。
ゲームで頻繁にマウスを動かす方にとっては魅力的な要素です。

・大柄
僕の手が大きいこともあって、
とても握りやすいです。

あと、多少本体が軽めだとおもいます。
裏にくぼみがあり、両面テープなどで薄い重りなどを貼り付けたりできるスペースがあります。
この辺は個人の好みになりますね。

専用ソフトでボタンの効果のカスタマイズができ、
マクロも組めます。

なかなかいい感じのマウスです。

 

P_20170611_161737_vHDR_AutoP_20170611_161745_vHDR_Auto

 

P_20170611_161833_vHDR_AutoP_20170611_161859_1_vHDR_Auto

 

P_20170611_163714_vHDR_AutoP_20170611_163731_vHDR_Auto

多機能だけど、結局は録音機

 

小さなディスプレイがあり、
ボタンもたくさんありいろいろできるようです。
しかしながらボイスレコーダーという性質上、
すぐに録音開始できてかさばらないことが何よりの条件。
再生機能があるのは嬉しいところです。

実際に充電してから、
2部屋ある空間で録音をしてみました。
ジャケットの胸ポケットに忍ばせたまま。
192Kbpsで録音できるのでかなり高音質です。

録音したデータを再生させるとよく録れています。
遠い位置での会話もボリュームを上げると音割れノイズもなく聞き取れます。

バッテリーと内部メモリがかなりあるので、
結構な長時間でも問題なく録音ができますね。

いまは物騒な時代なので、
自分の身を守るためにもこういったものがあってもよさそうです。

 

P_20170527_123332_vHDR_AutoP_20170527_123337_vHDR_AutoP_20170527_123444_vHDR_Auto

 

 

//rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=000000&IS2=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=kurohito1500-22&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=as_ss_li_til&asins=B072DVJH53&linkId=65173a2616a73bd6e2b28bbfa320c661

使っているのが楽しくなるキーボード

 

 

 

今まで、キーボードって実用的なものしか使ってきませんでした。
打ち心地であったり、軽さ、無線・・・

ココまで発光をカスタマイズできるものは初めてです。
発光方法のカスタマイズも添付されたシートにわかりやすく説明があるので、
とても簡単に自分好みに設定できます。

僕はF9で設定できる「スターライトモード」が好みです。
ランダムにキラキラと好き勝手にいろいろな色が発光してキレイです。
キーボードを見つめながら打つことはないので、
ふと目線を下げると発光が癒やしてくれます。

キーボードとしてもよくできており、
軽いタッチでカチカチと反応してくれます。
僕はあまり力強く打鍵をするタイプではないのでこれは助かります。
ソフトタッチでも十分に反応してくれるのは早く打つのにも適しているということ。
カチと音がすると反応するというとてもわかり易い感じがとてもいいです。

ケーブルもSFチューブに覆われて断線などにも強そうです。
外観はとても地味というか自己主張が少ないです。
パームレスト部に小さく「VAVA」とあるだけですね。
発光を切ればとても地味なメカニカルキーボードにもなりますし、
使い方は自在です。

パームレストやキーのない前面部はレバー加工っぽいので、
手を置いたときのプラスチックな硬い質感では無いのも嬉しいところ。

総じて好印象のキーボードです。

デメリットをひねり出すとすれば、
英字タイプなので慣れない方だとちょっと厳しいかもしれない程度です。

 

 

P_20170513_184055_vHDR_AutoP_20170513_192307_vHDR_AutoP_20170513_192310_vHDR_Auto