本当の型番

 

結局、ホワイトボックスPCメーカーであったマウスコンピュータさん。

なので、「LB-W9745D-A」にも本来の型番があった模様。

 

マウスのHPでシリアルで型番を調べると出てきました。

 

URL

https://www2.mouse-jp.co.jp/ssl/user_support2/sc_download_result.asp

 

本来のというか、本来はOZZIOというメーカーの「NR172930SDEOP」という型番の模様。

マウスではOEM先のドライバがDLできるようです。

 

URL

http://www.ozzio.jp/products/nr/2014/

モデルの詳細をみていてちょっと興味深かったのがやっぱりディスプレイ。

最近のディスプレイだと約1700万色ですが、

このディスプレイは約26万色しか表現できないっぽいw

 

そして、26万色で検索したら・・・

URL

http://www.eizo.co.jp/eizolibrary/other/itmedia02_04/

「6ビット駆動+FRC」の液晶パネルらしいという事がわかりました。

まぁ、いろいろな部分でコストダウンが図られているという事ですね~

値段相応という面もありますしね♪

広告

無線LANの変更

 

こういうタイトルにすると、

無線LANルータを変更したように思われがちですね・・・

 

実は、そうではありません。

先日購入したPC マウスコンピュータのアレ「LB-W9745D-A」

これは無線LANが2.4Ghz帯しか対応していないのです。

つまり、混線しやすいって事。

普通に使う分には問題ない程度の些細な問題なのですけどね♪

しかし、それはそれとしてなんとかしたいという僕のいつものアレ。

 

そして、会社の机の引き出しには数年前に購入して肥やしになっていたモノがあったのです。

「Intel N-6200」という型番の無線LANカード(ノート用

なんだかよく覚えておりませんが3枚も転がっておりましたw

N-6200のHP/Lenovo用、汎用のそれぞれ1枚づつ。

512AGX-HRUというWiMAXも使えるコンボカードが1枚。

よく買ったものだと自問自答・・・orz

 

HP/Lenovo用をつけてみたら「!」マークがデバイスマネージャに表示され使えませんでしたw

汎用のをつけてみたら、ドライバを入れる必要も無く2.4Ghzや5GhzのAPが見えて、何事も無くつながりました。

 

 

5Ghz

 

300Mbpsで接続されており、より快適になりました。

さらっとメモリが8GBになっていたり、2ndHDDがあったりと、Windows10にもなっていたり、

数日で変わりすぎ感が否めませんw

 

まぁ、使いやすくなるのは良い事♪

もともと省電力ですし、

つけっぱなしのPCとしては優秀です。

 

 

そんな