4K

 

倉庫に4kのカメラがあったので、

テストで収録してみたんです。

よくわからん新種のメモリーカードで・・・

カードリーダーがあったはずなのですが見つからないw

カメラ本体にUSBポートがあったのでPCと接続したらメモリーカードを認識した。

 

凄く驚いたのがビットレート。

600Mbpsとか、ねーよww

 

1分半で7GB程度つかってたw

もう、アホかと・・・

 

流石に4kをぶん回せるpcやモニタなんて・・・

あるかもしれんけど、探すのが面倒でしたので諦めた。

実際にはEDIUS7が4k編集に対応しているので、

どの程度のパフォーマンスがあるのか試したかったのが本当のところ。

 

倉庫から事務所へいつものようにネットワーク経由でNASにデータを送り・・・

事務所に帰る。

事務所の涼しいサーバールームでコソコソと作業を開始するわけです。

 

EDIUS上ではカクカクしながらの再生はできたっ!

そのままの解像度のままMOVやMP4だと、

PCのパワーが足らんので満足に再生できない・・・

もちろん元々のフォーマットではコーデックが無いので再生できないとかなんとか・・・(面倒だから検証していないだけ

 

とりあえずフルHDにしたら、なめらかに綺麗に再生ができた。

編集自体は普通にできるっぽいけど、

需要と再生環境がね・・・まだまだ先の話かな?

NEOやExpressという廉価版まで4k編集が降りてくればもっとメジャーに使われるのかもしれませんね。

 

編集自体は問題なくできるとわかって何よりでした。

1日が無駄じゃなかったという事。

 

週末は、サーバ室でFTPサーバの再稼働やな~

引っ越しのゴタゴタで放置しっぱなしでしたのでw

 

 

そんな感じ。

NASが起動しなくなった・・・

 

ほとぼりも冷めただろう(熱的な意味も含め

と、思い電源を入れてみたんです。

 

いくら待ってもリモートデスクトップ経由で繋がらない・・・

そもそもHDDのアクセスLEDが満足に点滅していないし・・・

 

ヤバイなw

 

どうやらWHS2011が本格的に起動しなくなった模様。

 

流石にモニター付けて、KBとマウスをつけてなんていまらさしたくない。

ではどうするのかというと・・・

 

HP MicroSERVERにはオプションの拡張カードというものがあってだな・・・

その名も「リモートアクセスカード」

まんまやねw

OSが無い状態でもリモートでBIOSに入れ、リモートするPC側のCDドライブを仮想マウントできるという優れもの。

これを今回購入してみたんです。

水曜日に届く予定です。

 

起動しなくなたって事はSSDが壊れたのかな?

ふーむ・・・

 

出費が痛いなw