新たな性癖の開花!

 

さて、新たな鼓動が・・・

 

すごく可愛らしい子が来ましたよ。

それはもう、普通に電車などで見かけたら目で追ってしまう感じの可愛らしい子。

美人というより可愛らしい感じ。

いたずらっぽい表情も素敵。

 

僕の口調、物腰をみて気付いたらしい

「Mだと・・・

普通わかりますw

ご本人様が言うにはサバサバ系らしい、名前負けとかなんとかww

本当の意味でのサバサバ系は初かもしれませんので俄然盛り上がります(僕の中で

 

パンツルックにキャミ、ブラウスのサバサバスタイルなのかもしれません。

しかし、ブラとパンツはレモンのような黄色で可愛らしい。

このギャップ萌えw

 

あまりに可愛らしくて頭を撫でたりすると、

あまり撫でられたことが無いのか微妙な笑顔がこぼれますw

 

んで、ご自分でサバサバ系を明かしたので、

あんまり楽しめないかもよ?との事w

だがしかしっ!

攻め派でMの僕にとっては究極のご褒美なのかもしれないと、

自分に言い聞かせて奮い立たせますw

 

とりあえず、持ってきた衣装を気に入って頂けたらしく、

自撮りタイムでした。

そんなサービスは無いので、僕はおとなしくしていましたw

じっと「みている」というプレイですっ!当然ですね。

 

横になってもらいプレイ開始するんですが・・・

キスは嫌がらないのですが、お胸はいっぱいいじられたのかあまりよろしくない模様。

いい形のお胸なのですが・・・残念。

あまり無理させてもね♪

スベスベの肌を腕からお腹、足まで堪能し、

アソコに顔をうずめる。

なんかね・・・凄く反応がいい!

強くなりすぎないように、優しくじっくりと攻めたのですがすぐに達したとかなんとか・・・

こりゃあ大変だと思った(内心

あんまり足を開いてくれないので、気持ちよくなってくれるか疑問だったのですが杞憂でしたw

 

数分の休憩を挟み、さらに攻める。

入れていいの?と聞くと最初は「いいよ」と言ってくれるのですが、

僕をMと考え直して「ダメっ!」とか、もうねw

わかってらっしゃる。Mの扱いというものをww

 

まぁまぁそんな感じで入れさせてもらうのですが、

相手が拍子抜けするくらいすぐに中にだしたったw

「えっ!?早ーいww

「いやはやw、ご褒美おいしいです

「w

 

実は凄く緩いんですよ。

なのに少し突いたら出てしまった。大量に。

むしろ僕のほうが驚いたw

一応、あまり足が開かないので両足を抱えるようにしたんですけどね。

ご本人様にはそんなつもりはないのでしょうが、

精神的にこういうのもいいかなと・・・思ったんじゃないかと思います。

肉体的な快楽じゃなく、精神的な?よくわからん。

 

小休止なのですが、

布団に潜りこみの休憩。

 

サバサバ系とはこういうものかっ!

と、いろいろ理解できた。

 

「もう一回していいの?

「いいよ

「このまましちゃってもいいの?

「いいよ

「布団だけ捲ってしちゃいますよ?

「うんw

と、サバサバというかされるがまま?

「なんかこう、夜這いプレイみたいですね

「夜這いw面白いね

「しちゃいますよ~w

という感じで腰まで布団をめくり上げる。

 

先ほどのが残っているので、

指でクチュクチュするんです。

いじっていると自分のがムクムクちゃうので、

入れさせてもらうんです。

「いやぁ、こういう感じで寝こみを襲う感じも新鮮でいいですね~

「ww

両足を抱えて出し入れしたり、

お顔まで近づいてキスをしながらたっぷりと中を楽しみます。

十分楽しんだ後に再度中にたっぷりと出させてもらいました。

 

その後、湯船にゆっくりと浸かり、

女の子のシャワーシーンを堪能し終了。

 

うーん、

サバサバ系の子とのMプレイという新境地を開拓できたように思います。

 

 

ちなみに、寝転がって座っている女の子を見上げるという、

高度プレイも体得できました。

 

 

まだまだレベルは上がるものだなぁ・・・